このサイトは移転致しました。


https://kansokuhou-osaka.net/



開く
閉じる

どうしてよくなるのか?

「足裏は第二の心臓」と言われるように第一の心臓が収縮を繰り返し、血液を全身に送り出し足裏が血液を送り返す働きを助ける。この働きをさして「足裏は第二の心臓」と呼ばれるのです。
心臓から遠く離れている足には、汚れた血液が溜まりやすく管の細い毛細血管が縦横無尽に走り、少しの障害でも詰まりやすくなっています。
「第二の心臓」といわれる足裏が、活発に働かなければ体のごちそうを運び、その排泄物を運ぶ血管がつまり、あらゆる器官に悪影響が出るのです。
足裏には体の各器官と繋がっているいる反射区(神経の集まった所)があり、その反射区を揉むことで皮下・筋肉・筋に沈殿している汚れをつぶして、静脈からの吸収をしやすくし血液循環を良くして、汚れを運び去って排泄するという誰にでも簡単に出来る健康法なのです。
「足の汚れが万病の原因だった」官 有謀著者より

NEWS

 

2018/04/05

このサイトは移転致しました。

MORE