足もみ(官足法)健康教室トモトモ

塾長からのお知らせ

2017/09/27

あなたは本気で病気・持病と戦っていますか?

何年も続いている病気(例ー膠原病、ぜんそく」など)は、一生向き合っていくだけ。治せることは諦めた!


本当に治す方法はないのでしょうか?


これからの季節の変わり目に症状が出やすくなる、喘息・鼻炎・アレルギー性鼻炎などを経験している方達にとっては、つらい季節だと思います。塾長自身鼻炎・アレルギー性鼻炎に20年程悩まされていました。点鼻薬は常備薬で、切れていると不安になるので予備を持つのは当たり前(習慣の怖さを知りました)


ひどい時には、横になるだけで呼吸困難になり、ソファにもたれて夜を明かしたことも何日かありました。その当時に助けを求めて飛び込む先は、病院という二文字しかありませんでした。


病院にかかって一時しのぎは出来ても、完治ではないので繰り返し。


そんなときに足もみ健康法(官足法)という奇跡(塾長自身はそんな思いでした)とも思える治療法と出会うことで、100才まで健康寿命で人生を送れるという自信がつき、毎日時間に関係なく足もみと向き合っています。


官足法の原理


1、病気を治すには先ず血液を治す


2、血液がきれいになれば病気は自然に治癒する


3、血液をきれいにするには循環に頼る


4、循環をよくするには足を揉む


簡単に出来る治療法、お薬に頼るでもなく病院に駆け込むこと(けがの時は病院に駆け込んで下さい)もないのです。


「そんなに簡単に出来る治療法がなぜ知られていないの?」と疑問が湧きますね。それは一度体験することでお分かりになります。


真の健康を求めるのでしたら、ぜひ体験あるのみ!


塾長とのご縁があることを願っております。ご連絡お待ちしております。


2017/09/20

あなたの腰痛改善が簡単に出来る方法があるとしたら・・・

あなたの腰痛、あきらめていませんか?

先月、官足法勉強会の参加者(40代女性)の方から
「腰痛に効く・治したということを耳にすれば、体操・通院を繰り返していますが、一時的な結果で改善には繋がっていません。」
との声がありました。

腰痛といっても原因が色々あります。
●ぎっくり腰ーくしゃみ・重いものを持ち上げた時など突発的に襲
     われる。
●慢性腰痛ー腰の痛みが3ヶ月以上続いている。
      職業柄痛みを感じる方も。
●年齢により骨が徐々に変形
      椎間板ヘルニア・すべり症・腰部脊柱管狭窄症
●内臓の病気による腰痛 
●心因性腰痛症                etc

腰痛は経験した方でないとわからないですよね。

この方も原因ははっきりせず、痛みだけが日々増して、洗面所で顔を洗う動作も、膝を曲げることで姿勢を低くしているそうです。
前屈をする動作はとんでもないそうです。

薬での治療・運動療法・温熱療法等々挑戦してみても一向に改善の兆しはなかったようです。

今回の勉強会も、少しでも改善する方法があるのではとの思いで参加されました。

結果は
指導員が腰の反射区を2~3分押すだけで、女性は腰の軽さを久し振りに感じ、なんと前屈運動が出来たではありませんか!

女性から出た言葉は、忘れられない程の衝撃的なものでした。
その言葉は、腰を捻りながら
「えっ、なになに何が起きているの?えっ、嘘、腰が動かせているんですよね!」

指導員が「前屈も出来るはずだからしてみて。」 

女性が恐々前屈を・・・
「えっ、こんなこと本当に久し振りに出来ました。官足法って
本当に凄いですね!信じてやってみます!(^^)!」

これはほんの一例です。

私たちの体は血液の流れが、足の末端まで届いているかどうかで
健康状態が違ってきます。

官足法の基本理論は
  「自分の健康は、自分で守る!」
              
腰痛で悩んでおられる方、一度体験してみませんか?

改善に繋がる手段があります。ぜひトライして欲しいですね。

ご連絡お待ち致しております。


2017/09/13

体温が低いとどんな症状が出るの?

低体温で、訴える症状 ・体のだるさ     ・腰痛 ・寝起きが悪い    ・生理痛 ・頭痛       ・生理不順 ・肩こり ・免疫力の低下 ・更年期障害    ・太りやすく痩せにくい ・腹痛       ・自律神経の乱れ   etc きっと記した項目を見ることで、「そうそう私はこれで悩まされているのよね。」と思われる方が多いと思います。 その身近な解決策として、あなたはどうしていますか?  ・市販の薬を飲む。 ・冷たい食べ物をなるべく摂らない。 ・漢方を処方してもらっている。 ・運動をして体温を上げる努力をしている。 etc このような方法で緩和させ完治には至ってないのではないでしょうか? もしこのような方法プラス自分で症状を緩和・完治出来る手段があれば、あなたは取り組みたいと思われますか? 嘘のような現実に、体験した方からは「奇跡のようです!」とこの方法の凄さと簡単さを、毎日の生活に取り組んで人間本来の健康を手にされています。 ぜひ皆さんにこの健康方法を体験して頂きたいと、このサイトを通じてお知らせしています。 「今こんな症状で悩んいます。」といったどんなことでもお尋ね下さい。 そしてご一緒に解決していきましょう。 きっと「なんでこんなことで悩んでいたのかしら。」と思う程の結果は、あなたの努力と根性で必ず出ます。 そのお手伝いを、塾長が致します。 

2017/09/06

あなたは自分の体温を知っていますか?

「私たちの体は、36.5℃~37℃の体温で最もよく動くことが
出来る。」-石原結實医学博士
「えっ、そんなに高いの?」
塾長自身、体調不良時に測る程度で、ベスト体温を知ることは
なかったので、この記事を書く機会に体温を測りました。
塾長のベスト体温?(体が快調な状態)は36・3℃でした。
もっと高いと思っていたのですが・・・。一度あなたも測ってみては?
塾長がこれまでに、官足法を指導した方達(特に女性)は体温が低かったですね。
体温が低いと免疫力が低下して、病気(がん等)が発症しやすいと言われています。
塾長自身、官足法を始める前はひどい冷え性で、しもやけが出来たり冬には靴下をはいて寝ることが当たり前でした。
今は、人よりも暑がりになり、周りが寒いという中一人扇風機を当てている時もあるほどです。
冷え性は、足もみ(官足法)の取り組み方で早く改善します。
ぜひ体験して下さい。「こんな簡単な方法でよかったのですか?」
と思う程、本当に簡単です。

2017/08/30

あなたの腎臓は大丈夫?

官足法では、
血液循環と腎臓の働きが、体内の汚れ退治に大切な役目を担っている事を伝えています。
この二つの機能を十分に発揮させるには、足を揉んで揉んで揉みぬくことが一番です。(「足の汚れが万病の原因だった」より引用)
教室での指導時にも、『腎臓の反射区』に一番時間をかけて
揉むようにしています。
年令と共に機能は低下します。
(例)
若い時に傷が治るのに、翌日にはかさぶたが出来始めて2~3日(軽い傷)には治っています。しかし塾長の年令になると気は
若くても、体の細胞の再生力は弱く一週間位でやっとかさぶたが出来てきます。

機能低下により動脈硬化が進行して、心筋梗塞・狭心症・
脳梗塞などの疾患が起こりやすいのです。
腎臓病は無症状で進行する場合もあります。と専門の医師が
伝えています。
その予防をご自分で出来る方法があれば、生活の中に取り組んでみたいと思いませんか。